鴻巣の歯科・歯医者なら、漆原歯科・矯正歯科クリニック

電話予約
WEB予約

小児歯科

小児歯科 child

将来の健康なお口のために
子どもの頃からのケアを

こんなお悩みがあれば、ご相談ください

  • 子どもの歯にむし歯がある
  • 子どもの歯とお口のことで心配なことがある
  • きちんと歯が磨けているかわからない
小児歯科とは?

子どもの歯とお口の健康を見守り、大人になっても健康な状態を保てるようにサポートします。乳歯にむし歯があると、その後に生えてくる永久歯もむし歯になりやすくなってしまいます。歯並びや顎の成長にもよくありません。きちんと治療を行い、再発しないように予防を習慣化していくようにお手伝いいたします。

生後6ヶ月の
歯医者デビューがおすすめ

Time of debut

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯菌はありません。一緒に住んでいるご家族からむし歯菌がうつることが多いのです。
むし歯リスクをできるだけ抑えるために、小さなうちから歯科医院に通う習慣をつけましょう。歯が生え始めた頃の生後6ヶ月あたりは、場所に慣れるのも早く、人見知りも少ないので歯医者デビューにおすすめです。

子どものむし歯を防ぐためにできること

Prevention method

食事の回数と時間を決めましょう

お口の中に食べ物が長くあると、酸性の状態が続いて歯の表面が溶け始め、むし歯になりやすくなってしまいます。ダラダラと食べないように、回数と時間を決めましょう。

「甘さ」に注意
しましょう

むし歯菌は、飲食物に含まれる糖分をエサにします。砂糖を含むチョコレートなどのお菓子や甘いジュースは、できるだけ控えるようにしましょう。おやつには、フルーツやさつまいもなどの自然な甘さのあるものがおすすめです。また、キシリトール配合のお菓子はむし歯リスクの軽減にもなります。

毎食後の歯磨きが
大切

食後は歯磨きをして、お口の中の歯垢(プラーク)と糖分を取り除きましょう。就学前のお子さんはもちろん、小学校低学年くらいまでは子どもだけの歯磨きでは不十分です。ご家族の方が、仕上げ磨きをしてあげてください。

子どものむし歯

Feature

子どもの歯(乳歯)は、永久歯よりもエナメル質が薄くてやわらかいという特徴があります。そのため、むし歯になりやすく、なってしまうと進行も速いです。気づいたときには、むし歯が神経まで達していることもめずらしくありません。

むし歯と発育の関係性について

Causal relationship

永久歯もむし歯リスクが高くなります

乳歯がむし歯になると、歯の根っこに達するまでの進行が速く、永久歯が育っているすぐ近くに膿がたまってしまいます。生涯使う永久歯のむし歯リスクを高めないためにも、子どもの頃からしっかりとケアをしておきましょう。

歯並びに悪影響を与える可能性があります

乳歯は、永久歯を正しい場所に導くはたらきがあります。むし歯によって乳歯が抜けてしまうと永久歯が生える場所がわからなくなり、違う場所から生えて歯並びが悪くなることがあります。また、乳歯がないことでしっかり噛めず、顎の発達が不十分になって歯並びの乱れにつながる場合もあります。

影響が全身の発育に及ぶことも

むし歯によって痛かったり歯が抜けてしまったりすると、しっかり噛むことができません。やわらかい食べ物ばかり食べるなど偏食になり、栄養バランスが悪くなることがあります。そうすると必要な栄養が身体や脳に行き届かず、発達に影響が及ぶ可能性があります。

効果的な予防方法

Effective method

フッ素塗布

フッ素には、主に3つの効果があります。「溶けた歯をもとに戻す」「酸に溶けにくい歯にする」「むし歯菌のはたらきを弱める」という作用により、むし歯の予防につながります。
歯科医院での定期的なフッ素塗布を行うとともに、ご自宅でもフッ素配合の歯磨き剤を使うとさらに効果的です。

シーラント

磨きにくい歯の溝を歯科用プラスチックで埋め、汚れやむし歯菌を防ぐ予防方法を「シーラント」といいます。特に奥歯は歯ブラシが届きにくいので、磨き残しが起こりやすい場所です。乳歯の奥歯が生え始めたら、シーラントをおすすめします。
シーラントははがれることがあるので、定期的に行いましょう。

むし歯になる前から歯医者で予防

歯科医院では、お子さんのお口の状態に合わせた予防ケアを行います。痛みが出てから歯科医院に行くと、お子さんが歯医者を苦手になってしまうこともあるので、そうなる前から予防ケアを行いましょう。
最初は不安かもしれませんが、当院ではお子さんの目線で気持ちに寄り添った診療を心がけていますので、おまかせください。